【海外ニュース】パナマの短距離王決定戦はMacherano Maniaが制す

Una interesante carrera se celebrará esta tarde enel Hipódromo Presidente Remón, donde dos nativos retan a importados por la corona de la velocidad

4月1日パナマ・プレシデンテレモン競馬場で行われたClasico Francisco Arias Paredes y Alberto Arias Espinos (G1、ダート6ハロン)はMacherano Maniaが勝利した。

レース自体に特記事項はありませんが勝ち馬の血統(→Thoroughbred Pedigree Query)にちょっと注目。バリバリのアメリカ血統でエーピーインディの2×3、セクレタリアトの4×5×5というクロス持ち。ということもあってボールドルーラーは5×6×6×6×7×7。一時アメリカでボールドルーラーが溢れかえったのを窺わせる血統だと思います。他にミスタープロスペクターの4×5×5、バックパサーの5×5×6×6も持っています。

レース結果(第7レース)



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク