【海外ニュース】ベネズエラ三冠の第1戦はBukowskiが制す

6月3日ベネズエラのリンコナダ競馬場にてベネズエラ三冠の第1戦Clasico Jose Antonio Paez (G1、ダート1600m)が行われBukowskiが直線で1番人気のKing Champに一瞬並びかけられるも突き放し他馬の追撃も振り切って勝利した。

Bukowskiはこれで5戦3勝。父はダンジグの直仔Big Prairie (USA)。近親には2015BCディスタフの勝ち馬Stopchargingmariaや今年のGrande Premio Sao Paulo (G1)の勝ち馬Euquemandoなどがいる。5代母Bebopperでの分枝から2001CBC賞の勝ち馬リキアイタイカンが出ている。

勝ち馬の血統

同日同競馬場にてベネズエラ牝馬三冠の第1戦Clasico Hipodromo La Rinconada (G1、ダート1600m)も行われ無敗馬Rosalba Mariaが2着のBelieveに2馬身半差つけて退け連勝を伸ばした。

Rosalba Mariaはこれで5戦5勝。父はカロ系のUncle Mo (USA)。近親には1998米二冠馬Real Quietがおり4代母Meadow Blueの全兄には1969米二冠馬のMajestic Princeがいる。6代母Your Hostessでの分枝からはダイワスカーレット等の活躍で有名なスカーレット一族などが出ている。

勝ち馬の血統



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク