【海外ニュース】パナマ牝馬三冠第2戦は伏兵Brigantiaが逃げ切る

La potrancanacionalBrigantia, hizo de cada poste un ganador para llevarse el Clásico Tomás Gabriel Duque y Tomás Gabriel Altamirano Duque, segundo evento de la triple corona nacional y clasificatorio para escoger nuestros representantes al Dama del Caribe, con magistral monta del jinete profesional Alexis Moreno, evento realizado el domingo10 de junio, en el Hipódromo Presidente Remón.

6月10日パナマのプレシデンテレモン競馬場にて牝馬三冠の第2戦Clasico Tomas Gabriel Duque y Tomas Gabriel Altamirano Duque (G2、ダート1700m)が行われ1番枠から好スタートを決めたBrigantiaがそのまま逃げ4角では後続を振り切り快勝した。勝ちタイムは1:48.3。第1戦の覇者Angel’s Heartは3着だった。なお第3戦は7月15日に行われる。

Brigantiaはこれで8戦2勝。牝馬三冠の1戦目は5着だった。父はチーフズクラウン系のConcerto (USA)。母系は近親には活躍馬は少ないが6代母Hollerの妹Nasrullineのラインから京都牝馬特別でイットーに勝ったカバリダナーなどが出ている。

勝ち馬の血統



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加