【海外ニュース】今年のラティーノアメリカーノは3/11にウルグアイで開催

The Longines Gran Premio Latinoamericano (G1), the richest race in South America at $500,000, is a moveable feast. Last year’s event took place at the historic Valparaiso Sporting Club in Viña del Mar, Chile. The 2018 event, March 11, takes place at Hipódromo Nacional de Maroñas in Montevideo, Uruguay.

南アメリカ大陸最大のイベント・ラティーノアメリカーノ大賞(G1、芝2400m)は今年は3月11日に行われる。このレースはアルゼンチン、ブラジル、チリ、ペルー、ウルグアイの5カ国の持ち回りで開催されており、今年の会場はウルグアイのマローニャス競馬場である。

今年の出走予定は12頭、アルゼンチンから3頭、ブラジルから2頭、ペルーから4頭、ホスト国ウルグアイから3頭の出走予定となっており、注目馬としてブラッドホース誌はペルーのEl Entrerriano (PER)、地元ウルグアイのFitzgerald (BRZ)、El Abanderado (URU)の3頭を上げている。Roman Rosso (ARG)はアルゼンチンのダービーであるナシオナル大賞の勝ち馬であるが父父がフサイチペガサスであり注目である。




スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク