【海外ニュース】ラティーノアメリカーノ大賞(G1)はアルゼンチンのRoman Rossoが制す

With a strong move to the lead in the stretch at Maronas Racetrack, Roman Rosso (ARG) won the $500,000 Longines Gran Premio Latinoamericano (G1) March 11. The winner, a two-time group 1 winner in Argentina, covered the 2,000 meters (1 1/4 miles) in 2:02.55, showing grit and resolve in the three-furlong stretch.

3月11日ウルグアイ・マローニャス競馬場で行われたラティーノアメリカーノ大賞(G1)はアルゼンチンのRoman Rossoが制した。昨年11月以来のレースであったが直線力強く伸びた。

Roman Rossoはこれで8戦5勝。これまでにGran Premio Provincia de Buenos Aires (G1)とGran Premio Nacional(亜ダービー) (G1)を制している。
レース結果



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加