【海外ニュース】トルコ2000ギニーはヘロド系のHep Beraberが逃げ切りG1初制覇

İstanbul Veliefendi Hipodromu’nda sezonun 15. yarış günü birbirinden heyecanlı yarışlara sahne olurken, kapanışı 63. Erkek Tay Deneme Koşusu (Açık – G1 / E) yaptı. Yılın derbisi 92. Gazi Koşusu’na giden yoldaki ilk klasik, 14 safkanın katılımıyla gerçekleşti.

5月13日トルコ・イスタンブールのヴェリエフェンディ競馬場にてErkek Tay Deneme (Turkish 2000 Guineas) (G1、芝1600m)が行われ9番人気のHep Beraberが勝利した。14頭立ての14番枠のHep Beraberは好スタートから徐々に内に切れ込み一気に先頭を奪った。1000mの通過が58秒66の逃げとなり直線では一瞬2番人気のBodyguard Heroに並びかけられるものの逆に突き放し最終的には1番人気のRhythm Divineに3 1/2の差を付けて逃げ切った。勝ちタイムは1:33.05。Hep Beraberはこれで7戦4勝2着1回。芝のみなら4戦3勝2着1回となる。

血統。父はヘロド系のScream To Scream (IRE)。母はトルコで5勝あげており近親には2007Sprint Cup (G1)の勝ち馬Red Clubsがいる。

レース結果
勝ち馬の血統

同日同競馬場にてDisi Tay Deneme (Turkish 1000 Guineas) (G1、芝1600m)も行われ2番人気のValenciaが直線鋭く抜け出し勝利した。勝ちタイムは1:34.03。Valenciaはこれで9戦7勝2着1回。

血統。父はストームキャット系Mendip (USA)。近親には2002German 1000 Guineas (G2)2着のRoyal Priceくらいしか見当たらないが7代母Orlassは日本に大きな影響を与えた繁殖牝馬である。産駒のシアンモアは輸入され種牡馬として大活躍し、その子孫にはモンテプリンスやダンツフレーム、種牡馬として活躍したネヴァービートなどがいる。

レース結果
勝ち馬の血統



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加